にわかお城ファンの旅行記

にわかお城ファンの旅行記

周りに影響されて城巡りを始めた新参者です。城と景色と郷土料理が楽しみな旅好きです。

日帰り博物館旅行 トヨタ博物館

三連休を利用してトヨタ博物館へ行ってきました。

最初期からのさまざまな自動車が実物で展示されていて、車の歴史を一度に追える良い博物館でした。
車に詳しい訳じゃないですが、理系心をくすぐる博物館でした。

f:id:tmtmz:20200224212530j:image

トヨタ博物館

f:id:tmtmz:20200224221613j:image

 

この日はお昼前に博物館に到着。駅近ですが、車の博物館ですし、車で訪問。
名古屋瀬戸道路長久手インターからすぐでアクセス便利でした。
館内も写真OKの場所が多くて、思い出をたくさん作れますよ。

f:id:tmtmz:20200224221935j:image
屋外に展示してあったボンネットバス
これが走っていた時期はあまり知りませんが、乗客の椅子の向きが今の通勤電車と同じ、いわゆるロングシート
そんなところからも時代を感じます。

f:id:tmtmz:20200224221928j:image
入口すぐにあるトヨタ初の自動車 トヨダAA型の復刻版。
ここから全てが始まりました。レトロでおしゃれなデザインですね。あと、大きいです。
その分お値段も高くて名古屋市内に一軒家が建てられるお値段だったとか。

f:id:tmtmz:20200224221947j:image
エンブレムは横から見ると豊田になってますね。細かい。

f:id:tmtmz:20200224221920j:image
ガソリン自動車の第一号と呼ばれるベンツの三輪車 15キロぐらい出たとか。
動いているところの動画もあってびっくり

f:id:tmtmz:20200224221911j:image
館内は車がたくさん

f:id:tmtmz:20200224221917j:image
最初期の車は個性的ですね。
動力の主導権を巡って蒸気、電気、ガソリンが争っていたというのも驚きでした。
蒸気はさすがにもうないと思いますが、電気とガソリンはまた争い始めていますね。

f:id:tmtmz:20200224221941j:image
佐賀鍋島家が保有していた車。ナンバープレートや車検のシールがついてますね。
これがその辺を走っていたらびっくりします。

f:id:tmtmz:20200224221915j:image
アルファロメオのスポーツカー。ぶっ飛ばせるのでしょうけども、これで高速で走るのはちょっと怖いかも

f:id:tmtmz:20200224221950j:image
ガルウィングが厨二心をくすぐりますね。

f:id:tmtmz:20200224221959j:image
戦後すぐの日本の車。これらは特に個性的です。一つ目とか昔のテレビに出てくる宇宙人です。
個性的すぎてあまり売れなかったようです笑

f:id:tmtmz:20200224221924j:image
こちらは世界の個性的な車。赤の車のドアは上に開きますし、水色の車はナンバープレートが付いている前面にドアの取っ手がついています。

f:id:tmtmz:20200224212530j:image
そしてトヨタ一推しの2000GT
それにしてもどの車もピカピカに整備されていてすごいです。
そして結構な車で敷地内を動かしている動画があるのもまたすごい。

ミュージアムレストランAVIEW

f:id:tmtmz:20200224222113j:image
お昼ご飯は博物館のレストランへ。

f:id:tmtmz:20200224222109j:image
2000GTホットドッグを食べました。

6気筒を表す6本のウィンナーが横向きに入っています。今まで食べたホットドッグの中で一番食べにくかったです笑

味は美味しかったんですが…

 

車に興味のない方も楽しめる博物館でした。

 

基本情報

トヨタ博物館 | 世界のクルマの進化と文化をたどる博物館

  • 駐車場
    無料 320台
  • 営業時間
    9:00-17:00 最終入館16:30
  • 休館日
    月曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始
  • 入場料
    大人1200円ほか
  • 所要時間
    音声ガイドを途中で諦めて約3時間。音声ガイドつきで全部見ようと思ったらもっと4時間ぐらいでしょうか。ガイドなしなら2時間くらいかと。
    ガイドツアーもやっていましたが、時間が合わず。。
  • 客層
    老若男女さまざま。もっと子供連ればかりかと思っていましたが、家族連れ、カップル、友達グループ、車好きグループなどいろいろな人がいました。