にわかお城ファンの旅行記

にわかお城ファンの旅行記

周りに影響されて城巡りを始めた新参者です。城と景色と郷土料理が楽しみな旅好きです。

釧路で街遊び -道東2018(11)

ようやく道東旅行も最後の街、釧路に到着です。
もちろん釧路の目玉は湿原散策でしたが、その前の街歩きも簡単にご紹介。
毛ガニUFOキャッチャーがあんなことになるなんて。。

街歩き

釧路のランドマーク 幣舞橋(ぬさまいばし)の近くのホテルに車を置いて街歩き。
初めての街だと散策すること自体が楽しみですよね。

今まで自然ばかりを散策していたので、店がたくさんある時点で大都会のように感じていました。
まぁ本当に道東一の都会ですが。

f:id:tmtmz:20200510213312j:image
幣舞橋から釧路川を河口へ。

右に映るのが釧路フィッシャーマンズワーフMOOというショッピングモール。
中は結構広く、土産物屋や飲食店が並んでいました。
やや歴史を感じる建物で、テナントもちょっと疲れている感は否めませんでしたが、お店は十分入っていて、土産物や海産物、酒など観光客には十分満足できるスポットでした。
バスターミナルもあったので、バスでの観光にも便利そうです。

HP:北海道・釧路川河畔のランドマーク|釧路フィッシャーマンズワーフMOO

MOOでお土産物を買った後、晩御飯の店に移動。

f:id:tmtmz:20200510213320j:image
歓楽街があるのも、街に来たと思わせてくれます。
知らない街に来ると歩くだけでも楽しくなりますよね。

炉端焼き

晩ご飯は釧路名物の炉端焼き

仙台のお店で、囲炉裏端で野菜を焼いていたものが釧路に伝わり、名産の魚介類も足したことから始まったとか。
炉端焼き発祥地は釧路! – 北海道ファンマガジン

訪問したお店の名前を忘れてしまったので、写真だけご紹介。
食べるのに夢中で写真も少なめです。いつものことか。

f:id:tmtmz:20200510213305j:image
サンマとビール。良いです。
このサンマはとても美味しかった。

f:id:tmtmz:20200510213332j:image
牡蠣です。昼も食べたんですけどね(笑)

釧路和商市場

翌朝は朝から釧路和商市場へ。
市場には魚介、野菜、総菜、土産物などたくさんのお店が並んでいて、釧路市民にも観光客にも親しまれている市場です。

和商市場の一番の目玉は勝手丼でしょう。
総菜屋さんで白ご飯をよそってもらい、市場のほかの店で具材を載せてもらって、自分なりの海鮮丼を作ることができます。

f:id:tmtmz:20200523084711j:image

ご飯はサイズ違いがたくさん売られています。

活気ある市場を回りながら品定めするだけでもとても楽しい。

具材候補が多くてなかなか決められず、何周もうろうろしてしまいました。

f:id:tmtmz:20200523084755j:image

マグロ、ウニなどの定番から花咲ガニ、ぶどうエビなどの土地のものまで、本当によりどりみどりです。全部が美味しそう。

f:id:tmtmz:20200510213335j:image

出来上がったどんぶりがこちら。
市場の人が載せてくれた記憶があるので、初めてでもそれっぽくなりますね。
贅沢な朝ごはんでした。

基本情報

釧路和商市場
北海道釧路市黒金町13丁目25

毛ガニUFOキャッチャー

ご飯を食べて酔い覚ましにまた釧路川河口へ。

f:id:tmtmz:20200510213324j:image

飲み直すかーとか言いながら、ふらっと入ったMOOの1階でこんなものを見つけてしまいました。

f:id:tmtmz:20200516145556j:image
毛ガニのUFOキャッチャーです。写真では、右隅に毛ガニがいます。

生きた毛ガニが入っていて、UFOキャッチャーでとれるようになっています。
取った後は近くのお店で茹でてくれます。
また、持ち帰りの袋もついています。観光で来ているので、持って帰れませんが。
料金は、1プレイ300円、2プレイ500円。毛ガニが入っているとは思えない破格です。
まぁそれだけ取れにくいから安いんでしょうけど。

 

酔った勢いで500円を投入!

1プレイ目:アームが毛ガニに当たった瞬間、毛ガニが動いて逃げられる。
こんなの取れるわけないとか言いながら2プレイ目。

 

f:id:tmtmz:20200510213337j:image
取れました こんなこともあるんですね。
アームが当たっても全く動くそぶりもなく、そのままつかんでしまいました。

しかし、時すでに19:00
茹でてくれるという近くのお店は閉まっていて、持ち帰るしか手がありません。調理手段もないのに。

こんなことなら海に返すかとか言いながら、夜の釧路を彷徨うこと1時間。
えらいことになりましたが、最終的には何とか美味しく頂くことができました。
あの時茹でてくれたお店にはもう頭が上がりません。

 

道東2018夏 そのほかの記事はこちらから↓

tmtmz.hatenablog.com

↓気が向いたら押してやってください

にほんブログ村 旅行ブログへ