にわかお城ファンの旅行記

にわかお城ファンの歴史探訪記

周りに影響されて城巡りを始めました。城と景色と郷土料理が楽しみな旅好きです。

個人的2020年振り返り -城巡りを振り返る

2020年も残すところあとわずか。
あっという間の一年でした。

今年からつけ始めた城巡りの記録、区切りに今年を振り返ります。
完全個人の主観と思い出に基づく順位付けとともに。
ホントに誰トクですがそう言わずにお付き合いいただければ幸いです。

今年訪れた33のお城の中から思い出に残った5つをご紹介。

初めに今年のスタンプ進捗の振り返りから。

今年訪問した城:33
百名城スタンプ:0
続百名城スタンプ:12

遠征できなかったので、百名城はまさかのゼロ。近場の続がメインでした。
近場のスタンプは押し尽くしつつあるので、来年は遠征したいところ。

では、本題に戻って今年の個人的ベスト5です。

第5位 北畠氏館

2020マイベスト人のぬくもりを感じた城訪問です。

tmtmz.hatenablog.com

何より良かったのはレンタサイクルを借りに行った伊勢奥津駅前の観光案内所の皆さま。

見ず知らずの旅行者に対しても、案内所に入った瞬間にお茶、世間話に近所の名所のご紹介、丁寧なレンタサイクルの説明までしていただきました。

訪問に使った名松線は、2時間に1本しか列車がないローカル線です。
案内所の営業終了時間である16:00にレンタサイクルを返したら、帰りの列車は17:00過ぎ。

奥津の町を散策しても時間を持て余しましたが、仕事終わりの案内所職員さんに数少ない開いている喫茶店も紹介していただいきました。
良い思い出です。

こういう出会いがあるから旅行はやめられない。
早くコロナ前の出会いのある旅に行きたいものです。

f:id:tmtmz:20201224160944j:image
f:id:tmtmz:20201224160947j:image
帰りのJR名松線でもらった絵葉書
乗り込んだら無言で渡されたのでちょっと身構えました笑

レンタサイクルに乗るときの蛍光色のビブスだけはちょっと恥ずかしかったですが、心温まる場所でした。

第4位 鳥越城

2020マイベスト当時に思いを馳せた城訪問です。

tmtmz.hatenablog.co

事前の予習はほどほどでしたが、一向一揆歴史館のDVDがとても分かりやすかったおかげで、この順位です。
悲しい歴史の舞台ではありますが、それをちゃんと知ってから訪れることができて良かった。
f:id:tmtmz:20201227092843j:image

平野がすべて見渡せるあの場所だと、攻め込まれた時もすぐにわかったことでしょう。
石垣こそあれど、柵は正直かなり貧弱な印象でした。
攻められた時の心境はいかほどだったのでしょう。
自分だったら怖くてたまりません。

駐車場に停めた時、いきなりハチに愛車が襲われたのも今となってはいい思い出です。

第3位 白山平泉寺

2020マイベスト穏やかな気持ちになれたスポットです。

tmtmz.hatenablog.com

苔生した景色に人気のない厳かな世界が相まって、今年行った中では一番心落ち着きました。
途中で夕立に降られてしまいましたが、その分苔の緑が増したはず。
でも良い雰囲気にもっと長居したかった気持ちも。

f:id:tmtmz:20201227093005j:image
f:id:tmtmz:20201227093002j:image

本当はその歴史にも興味があったんですが、まさかあんなに広いなんて思いもよらず、もったいないことをしました。
南谷遺跡発掘地の石垣まで回れる時間をきちんと取ってまた行きます。

第2位 勝連城

2020年マイベストオブ続百名城です。 

tmtmz.hatenablog.com

こちらは個人的エピソード云々でなく、城跡がとてもきれいで印象に残っています。

f:id:tmtmz:20201227093110j:image

下から見上げる琉球独特の流れるような石垣
曲輪にあるこちらも独特の祭壇
上がってからの海の景色も素晴らしい。

続百名城だと観光地としてはコアなところも多いですが、ここは続の中でもトップクラスの綺麗なお城でした。

今帰仁城や中城城もありますが、海中道路にも近いですし、お城に興味がなくても普通の観光地としても充分楽しめるはずです。 おススメ。

第1位 安土城

2020マイベストオブ百名城です。

tmtmz.hatenablog.com

王道です
王道過ぎて選ばない方が良いかなという天邪鬼な気持ちも芽生えましたが、ここは素直に。

f:id:tmtmz:20201227093151j:image

大手道に圧倒、石垣に圧倒、重臣の屋敷跡に圧倒、全体の広さに圧倒でした。
現存建築物こそ少ないですが、石垣、礎石から往時を想像するのはとても楽しい。
随所にみられる痕跡から、信長が本当に天皇行幸を計画していた可能性を感じました。

f:id:tmtmz:20201227093304j:image

安土城郭資料館の天主模型を見てから訪問したので、本当にあんなすごいものがここにあったのか、ということも考えられてよかったです。

壮大な夢の跡。ぜひ一度ご覧ください。(回し者みたいですね笑

という訳で、勝手に2020年城巡りを振り返ってみました。
来年こそは遠征したいなぁ。

↓気が向いたら押してやってください

にほんブログ村 旅行ブログへ