にわかお城ファンの旅行記

にわかお城ファンの歴史探訪記

周りに影響されて城巡りを始めました。城と景色と郷土料理が楽しみな旅好きです。

網走刑務所、オホーツク流氷館、網走ビール館-道東2018夏(1)

道東2018夏、初日は網走観光です。
網走刑務所、オホーツク流氷館、網走ビール館と定番観光スポットを回ってきました。
初訪問でしたからやっぱり定番を抑えておかないと。

道東は都市部から遠く、エア旅行向きかなと思ってご紹介します。
今のタイミングで向かわれることは感染拡大につながりますので、状況が改善してからご訪問ください。
また、新型コロナの影響で営業時間が変わっている可能性がありますので、HP等でご確認ください。網走監獄、オホーツク流氷館は4/23現在、5/6までの予定で臨時休館中です。

網走監獄

網走といえば網走刑務所ですよね。
見学できるということはもう使っていないのかと思ったら、建物は違いますが刑務所自体はまだ現役なんですね。

見学できるのは以前使っていた建物の方。こちらは歴史的な建物のオンパレードです。
かつての建物を移築復原したものがたくさんあり、とてもリアルに当時の様子が見て取れます。

www.kangoku.jp

訪問記

女満別空港で車を借りて網走監獄へ。

博物館の方は網走監獄、現役の方は網走刑務所が正式名称です。
網走市街地から10分ほど。駐車場も広くてさすがは有名な観光地です。アクセス抜群ですね。

正門です。奥に見える赤い門がかつての正門です。
f:id:tmtmz:20200412111615j:plain
収監されて見学してきます。

正門を通り抜けて中央にある庁舎へ。
内部は網走刑務所の歴史の展示でした。
普段は施設の歴史は流し見することが多いのですが、ここの展示はとても興味深く、また悲しい歴史ということもあり、とても印象に残りました。

概要です。

ロシアの脅威への対抗や富国強兵政策のために囚人たちの労働力が北海道の開拓にあてられました。
網走監獄には重罪人が集められ、旭川から網走の中央道路の開削にあたりました。
原野に約160キロの道路を8か月余りで完成させたこの工事は、昼夜を問わない重労働であり、出役した1150人の内230人以上が死亡しました。
当時の感覚ですらあまりにも過酷すぎて反対意見が続出し、中止されました。

その悲惨な歴史は付け焼き刃で語るものでもないと思いますので、ぜひ現地でご確認ください。

展示では囚人たちが使っていた丸太枕が印象的でした。
当時と同様に丸太枕に寝た状態で丸太を叩いてみると思わず飛び起きるほどの衝撃。
これを当然のように毎日やられていたら、朝から疲れてしまいます。。。

話がそれましたが、有名な五翼放射状官舎へ。
放射状に伸びる舎房は全て中央の見張り所から見渡せる設計になっています。変なことしたらすぐにバレますね。
f:id:tmtmz:20200412111621j:plain
1本1本が非常に長いです。

奥に行くと雑居房や独居房が並びます。
思いの外明るく、あまり刑務所の印象になりません。

f:id:tmtmz:20200412111606j:plain

昭和の脱獄王はここから、味噌汁で手錠と釘をさびさせてこじ開けて脱獄したとか。
その執念に驚きです。

そのあと大浴場や全く窓のない独立型独居房などを見学しました。
こちらも特に独立型独居房の方は当時からとても恐れられていたのがよく分かる暗さでした。

当時の様子が見た目によくわかる展示が多く、さすがは定番の観光スポットという感じでした。
網走に行かれたら一度は行かれる価値があります。

アクセス

  • HP:博物館 網走監獄 公式サイト
  • 開館時間:8:30-18:00 (7-9月) 9:00-17:00 (10月-6月)
  • 休館日:年中無休
  • 入館料:大人1100円、大学、高校生 770円、小中学生 550円
    ネット割引などもあります。
  • アクセス: JR網走駅から徒歩40分 バス10分 車7分

オホーツク流氷館

訪問記

網走監獄の後はオホーツク流氷館へ。

クリオネなどの北の海の生き物がたくさん見られます。

また網走の街を一望できる天都山の上にあるので眺望も素晴らしいです。

でも1番楽しかったのは-15度を体感できる流氷体感テラスでした。

寒さに凍えるだけでなく、タオルを凍らせて遊べます。

これが楽しくて友だちと一緒に大盛り上がり。

盛り上がりすぎて楽しすぎて写真ありません笑

アクセス

網走ビール館

訪問記

網走の晩ご飯は地ビール館へ。
青いビール 流氷ドラフトを作っている会社のレストランです。
現地に行くとビールと共に焼肉を食べられます。

f:id:tmtmz:20200412111612j:plain

ちなみに、青の流氷ドラフト以外に赤い桜桃の雫、緑の知床ドラフト、黒の監獄の黒などカラフルなビールがたくさんあります。

f:id:tmtmz:20200412111804j:plain

もちろん流氷ドラフトを飲みました。生でみると想像以上に青です。食欲なくなる色(笑)…
でも飲んでみるとビールの味です。美味しい。
ギャップが良いですね。話題性抜群です。映えですね。きっと。

お肉の方ももちろんおいしく、大満足の晩御飯でした。

ご飯の後、外に出てみるととても寒くてびっくりしました。
コンビニ前で酔い覚まししていたら逆に寒さで気持ち悪くなったほど。
真夏だったんですが、さすが道東です。

そんなこんなで一日目終了です。

アクセス

  • 住所:網走市南2条西4丁目1-2
  • 営業時間
    月〜木  17:00〜23:00
    金    17:00〜24:00
    土、祝前日16:00〜24:00
    日、祝  16:00〜23:00
  • HP

www.takahasi.co.jp


↓気が向いたら押してやってください

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村