にわかお城ファンの旅行記

にわかお城ファンの歴史探訪記

周りに影響されて城巡りを始めました。城と景色と郷土料理が楽しみな旅好きです。

勝沼氏館跡 (山梨県甲州市) -たくさんの平面復原が見ていて楽しい武田家臣の館跡

武田氏館跡に続いて、もう一つ山梨の史跡を巡ってきました。勝沼氏館跡
こちらは武田氏の親族衆勝沼の居館跡です。

もちろん武田氏館跡ほどの広さはありませんが、きちんと整備された郭群が印象的な良い城館跡でした。

お城:勝沼氏館跡 山梨県甲州市
HP:勝沼氏館跡 - 山梨県甲州市観光協会 ぐるり甲州市
訪問日:2021年3月
f:id:tmtmz:20210331192649j:image

概要

勝沼氏館跡は、武田信虎の弟信友に始まる武田親族衆、勝沼氏の拠点だったと考えられる、15~16世紀の居館跡です。

信友が1535年に北条氏綱との戦い(山中の戦い)で敗死したのち、子の信元が跡を継ぐも1560年に謀反の疑いにより滅ぼされたと考えられていました。
しかし近年、信友のあと信元ではなく、武田氏重臣の今井氏がこの地を治めたと考えられています。

昭和の調査で遺構が見つかり、1981年に国史として指定されました。

館は甲府盆地の東端、日川の河岸段丘上に建てられています。
南と西の崖に沿って内郭を設け、時代を追うごとに東に広がった様子が分かっています。

訪問記

武田氏館を見学後に訪問。

無料駐車場が完備されていますが、看板が少ないのが難点。
いや、普通はカーナビで十分かもしれませんが、私は一回通り過ぎてしまいました。。。

気を取り直して帰ってきました勝沼氏館跡
f:id:tmtmz:20210331192738j:image
こちらが駐車場。旧甲州街道沿いにあって見つけた頃にはもう遅いのでご注意。

駐車場脇にさっそく解説板。
f:id:tmtmz:20210331192752j:image
黒い石に黒い字は読みにくいですね笑
先に同じことが書いてあるので頑張って読まなくて大丈夫。

駐車場から館跡が見えなくて焦りますが、駐車場から内郭は少し離れています。
一旦道路に出て左手へ。最初の交差点を左に折れて少しすると内郭に到着です。
f:id:tmtmz:20210331192446j:image
内郭にあった地図で見ていただいた方が分かりやすいでしょうか。
内郭、東郭、館外家臣屋敷地が整備されている地域。順にみていきます。

駐車場で知りたかった情報ですが、看板どこかにあったのかな。

内郭

内郭入り口。陶器?の看板で統一されていました。
f:id:tmtmz:20210331192607j:image
入口には看板だけでなく休憩所まで整備されています。至れり尽くせり。

f:id:tmtmz:20210331192617j:image
この図の右下の橋、北門から入っていきます。

進むと早速の外堀
f:id:tmtmz:20210331194031j:image
内郭側の土塁の高さも含めて、立派ですこれ。警備が厳重です。

先へ進むともう一本内堀を越えて北門へ。
f:id:tmtmz:20210331192544j:image
木橋も含めてこんな感じだったのかな。

こちらは浅めです。
f:id:tmtmz:20210331193129j:image

f:id:tmtmz:20210331192731j:image
2本も掘ってある時点で相当厳重ですが、相変わらず土塁も設けてあります。
内側(右手)の土塁が低めなのは削られていたからだそう。

北門脇には櫓台があったそうですが、右手の高まりかな。
f:id:tmtmz:20210331192553j:image
柵が今にも壊れそうなのも再現でしょうか(違

内郭内部へ

郭内部にはとても立派な看板が立てられていました。
f:id:tmtmz:20210331192502j:image
パンフレットももちろん完備。

この看板、大きい方は裏側にも解説がびっしりですので、お忘れなく。
こういう看板があるのとないのとで全然印象が変わりますよね。

郭内には15の建物が板塀に仕切られて建っていて、水路も見つかっているのだとか。
その15の建物が平面復元で展示されています。
f:id:tmtmz:20210331192921j:image
木は柵の復元ですね。見通しの悪さは安全の証。

ちなみに、看板前には武者だまり
f:id:tmtmz:20210331193152j:image

その近くに番屋(警備詰所)がありました。
f:id:tmtmz:20210331192642j:image
やっぱり警備は厳重。

土塁沿いに東方向へ進むと台所
f:id:tmtmz:20210331192639j:image

と隣の水溜
f:id:tmtmz:20210331192829j:image
釜戸
f:id:tmtmz:20210331192440j:image
馴染みのない名前ですが宗教施設だそう

住居跡ですからもちろん雪隠も完備
f:id:tmtmz:20210331193241j:image

水路が張り巡らされていて、当時の最先端住居だったんでしょうかね。
f:id:tmtmz:20210331192529j:image

水屋
f:id:tmtmz:20210331193134j:image
その名の通り水の保管などに使われていました。
今は内郭の発掘調査の解説に使われています。

水屋の隣にも水汲場
f:id:tmtmz:20210331192532j:image
本当に水がたくさん。

まだまだあります平面復原。中央に向かっていくと、
f:id:tmtmz:20210331192839j:image

さらにくつろぎ所
f:id:tmtmz:20210331192848j:image
いわゆる茶室や泉殿だそう。

そして隣にある大きな建物が主屋でした。
f:id:tmtmz:20210331192649j:image
裏には主人の日常生活の場、常の御座所も。
このあたり、建物にことごとく礎石が使われていて、位の違いが分かります。

主屋の近くの会所は来賓を迎える建物。広縁も備えていました。
f:id:tmtmz:20210331193146j:image
もちろん隣には水溜
f:id:tmtmz:20210331192522j:image

内郭の南西端には工房
f:id:tmtmz:20210331192559j:image
鍛冶場だったと考えられています。

水溜は工房にも設置されていました。
f:id:tmtmz:20210331192459j:image
まぁ水は必要ですもんね。

内郭下には日川が流れます。
f:id:tmtmz:20210331192610j:image
高さからも安全な立地ということがよく分かります。

こちらの崖側には太鼓櫓も建っていたそう。
f:id:tmtmz:20210331193149j:image
よくここから太鼓櫓の跡を見つけたものです。

最後に東門に向かいます。隅には蔵が複数置かれていました。
こちらは半地下
f:id:tmtmz:20210331192723j:image
こちらはそのものずばりのの跡。
f:id:tmtmz:20210331192455j:image

東門脇にもが建っていました。
f:id:tmtmz:20210331192734j:image

そして東門
f:id:tmtmz:20210331192856j:image
ただこちらは立ち入り禁止。

脇から覗くと土塁をまたぐ橋台がありますが、これはいつの時代のものかなぁ。
f:id:tmtmz:20210331193126j:image

ここまでで内郭が終了。
たくさんの平面展示にお腹いっぱいですが、まだまだあります。

館外家臣屋敷跡

見学を終えたのは内郭ですので、まだ家臣団の住居跡が残っています。
少し離れていますが、土塁脇を進むと、f:id:tmtmz:20210331192603j:image

また整備された地区が見えてきました。
f:id:tmtmz:20210331193143j:image
このあたりから東郭と家臣屋敷跡。まずは端の家臣屋敷跡へ。

この地区でも2軒の屋敷跡が確認されていて、うち1軒の立体復元があります。
本当に整備が丁寧。
f:id:tmtmz:20210331192434j:image
内郭内と違って掘立小屋でしたが、規模から中級クラスの屋敷跡と考えられています。
復元された1軒は内郭への水路から水を取っており、内郭への水供給を管理していたと推測されています。

もう1軒は井戸から水を汲んでいましたが、その井戸まで復元されていました。
f:id:tmtmz:20210331192915j:image
いやーすごい。でも看板にまだ整備を進めていく予定だとか。本当に感謝感謝です。

東郭

最後は東郭へ。こちらにはたくさんの堀がありました。
f:id:tmtmz:20210331192614j:image
全部が堀だったわけではなく、内郭に水を送る水路もありました。
f:id:tmtmz:20210331192620j:image
水路脇には排泥処理施設。こういう施設を見たのは初めてかもしれません。

東郭内部にも平面復原がたくさん。こちらは工房でした。
f:id:tmtmz:20210331192536j:image

これでようやく勝沼氏館跡終了です。

おまけ

おちゃらか。
地元ではせっせっせーのよいよいよい、は、アルプス一万尺だった気がします。
f:id:tmtmz:20210331192713j:image
お国柄が出ますね。

感想

満足度 3.5/5

事前調査不足で大きな期待をせずに行きましたが、復原展示と解説とで大満足でした。
珍しく訪問時にほかのお客さんがいましたが、これなら納得。
当時の生活の様子が想像できて楽しかったです。

まだ整備される意向がありそうな看板だったので、これからにも期待です。

アクセス

勝沼氏館跡

  • アクセス
    鉄道・バス:JR勝沼ぶどう郷駅より徒歩30分
         または
         甲州市民バスぶどうコース:上町バス停
         甲州市民バスワインコース:上町または山口園前バス停下車すぐ
         どちらもバスの本数はかなり少ないです
    車:中央高速 勝沼ICより5分
      無料駐車場あり
  • 城跡
    散策自由
  • 所要時間
    ~30分
  • 付近のスポット
    近くの百名城だと、武田氏館跡、要害山城、甲府城でしょう。

    tmtmz.hatenablog.com

    tmtmz.hatenablog.com

↓気が向いたら押してやってください

にほんブログ村 旅行ブログへ