にわかお城ファンの旅行記

にわかお城ファンの歴史探訪記

周りに影響されて城巡りを始めました。城と景色と郷土料理が楽しみな旅好きです。

蓬莱橋(静岡県島田市)-世界最長の木造歩道橋

気がついたらもう年末ですね。
でも帰省の予定もないので、大掃除を頑張る予定。どこまでピカピカになるかな。
あとは寒さに負けずに屋外の見どころを探そうかと。目指せ脱 寝正月

さて、少し前にそんな外の見どころに行ってきました。
世界最長の木造歩道橋、大井川にかかる蓬莱橋です。
ただの橋とは思えないくらいエピソード豊富でした。あと、風強かった〜…

蓬莱橋静岡県島田市
HP: 蓬莱橋の概要 - 島田市公式ホームページ

f:id:tmtmz:20201108204020j:image

概要

蓬莱橋は、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」とうたわれた大井川にかかる全長897.4mの木造橋です。
当然、江戸時代には橋は架かっておらず、川越人足と呼ばれる人たちが活躍していました。
川越人足たちの記憶はこちら
tmtmz.hatenablog.com

橋が架けられたのは明治時代。
失業した旧幕臣たちが牧之原台地に茶畑を開墾したことに由来します。
茶畑の開墾が進むにつれ、大井川を挟んだ島田との往来も盛んになります。
はじめは船で川を渡って作業をしていましたが、あまりに大変ということで明治12年に架橋が許されました。

洪水も多かった大井川ですので、橋が流されることも多く、昭和の時代には橋脚がコンクリートとなりますが、それ以外は木造のまま現在に至ります。

1997年にギネスブックに掲載され、現在も観光スポットとしての活性化が図られていますが、その一方で今も農道としても使用される側面もあります。

訪問記

島田市一押しの観光スポットの一つでもあるので、名前はよく知っていましたが、訪問したのは初めて。
近くの観光スポットにはなかなか行かないものですよね。

駐車場に車を置いて、まずは橋を一望。
f:id:tmtmz:20201108203947j:image
長い。長いとは聞いていましたが、まさか対岸が見えないとは。

飽きずに渡り切れるか一抹の不安を感じつつ、まずは受付でお金を払います。
この橋、歩道橋ですが、渡るのに100円(大人)かかります。
さらに1か月定期券もあります。
個性的です。

渡り始める前に、まずはこちら側の岸を散策。
f:id:tmtmz:20201108203944j:image
勝海舟先生

どんな縁があるのかと思ったら、幕末にお茶の世界的な商品価値をいち早く認識して、明治の牧之原の開墾を後押ししたんだそう。

近くにはギネスワールドレコードの盾
f:id:tmtmz:20201108203935j:image
「世界一長い木造歩道橋」とはっきりと刻まれています。
こういう認定証が碑になっているのは初めて見たかも。
エピソード豊富です。

橋のたもとには897.4(やくなし)茶屋というお土産物屋さんがあります。
897.4は蓬莱橋の長さ。
やくなしと読めるので、縁起が良いとされています。
たしかにすごい偶然かも。
f:id:tmtmz:20201108204016j:image
中ではお土産物や牧之原のお茶のテイクアウト、ソフトクリームなどを売っていました。
橋から戻ったらソフトクリーム食べるんだ(大げさ

一通り岸を見終わったので、渡橋開始。
f:id:tmtmz:20201108203953j:image
橋脚こそ改修されていますが、上から見える景色は完全に木造の橋。
明治拾弐年架橋の文字やちょっと波打っている感じが雰囲気があります。
あと、欄干が低くて何の役にも立っていないところも。

f:id:tmtmz:20201108203932j:image
もちろんきちんと管理されていて、渡っていて不安を感じるようなところはありませんでした。
ところどころ新しい木が交換された後もあります。

ただ、とにかく風が強かった。。
写真では分かりませんが、まっすぐ前を向けないくらいの、帽子は平気で飛ばされるくらいの風がずっと吹き付けていました。
大きな川の真ん中で遮るものがありませんからこんなもんなのでしょうが、要注意です。

橋の中ほどから大井川
f:id:tmtmz:20201108204004j:image
今ならざぶざぶわたることができそうな水量ですが、江戸時代にはずっと水量は多かったんでしょう。いや、季節の問題かな。
でもリニアでこれ以上水が減ったら無くなっちゃいそうかも。

渡り始めて15分ほどで対岸へ。
ちょっと長くは感じましたが、対岸が近づいているのは分かるので飽きずに渡れました。
f:id:tmtmz:20201108203924j:image
対岸は森に突っ込んでいきますが、ちょっとしたお土産物屋さんと鐘や池などを見て回る小さな散策路がありました。
ハイキングコースに抜けることもできるようです。

正直あまり長居できる場所ではありませんでしたが、坂を上ると眺めの良い場所がありました。
f:id:tmtmz:20201108204020j:image
絵葉書にできそうな構図。
映画やドラマのロケ地としても良く使われているそうです。

実はここ、映えスポットを狙って設計されていたのですが、私のスマホでは設計者の意図を組んだ写真は撮れなかったのです。。。
f:id:tmtmz:20201108203920j:image
ハッシュタグ長い木の橋が正解なのかな。長生きの橋?

散策路で少し休憩したらもう一度橋を渡ってスタート地点へ。
f:id:tmtmz:20201108204000j:image
橋の島田側は市街地になっています。
この辺は流量ありますね。これは人足なしでは渡れない。

897.4茶屋まで帰ってきました。渡り始めから40分。
f:id:tmtmz:20201108203956j:image
いざソフトクリーム。。。の予定でしたが、風で冷えてソフトクリーム欲は無くなってしまいました。。
お茶だけ頂いて帰路につきました。

基本情報

蓬莱橋
静岡県島田市南町地先

 

  • アクセス
    電車:JR島田駅から徒歩20分
    車:東名高速 吉田ICから15分 または新東名高速 島田金谷ICから20分 または国道1号バイパス 旗指ICから10分
      無料駐車場あり
  • 営業時間
     終日
     料金:大人(中学生以上)100円 小人(小学生)10円 未就学児:無料
  • 所要時間
    45分~1時間
  • 付近のスポット
    やはり大井川の川越人足の記憶がある大井川川越遺跡でしょう。
    歩ける距離で無いのがちょっと残念ですが。
    百名城的には諏訪原城が近いです。

tmtmz.hatenablog.com

tmtmz.hatenablog.com

↓気が向いたら押してやってください

にほんブログ村 旅行ブログへ